2009年07月20日

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 6

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 6 2008年10月からMBS系列にて放映していた『機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン』のDVD第6弾が、7月24日に発売される。
大反響を巻き起こしたファーストシーズンに続き、待望のセカンドシーズンがいよいよリリーススタート!!
最終決戦から4年。
真の変革を求め、天使たちが再臨する・・・。
【4話収録】
■#19「イノベイターの影」
 混乱する戦況の中、ルイスの機体を探し求める沙慈。現れたヒリングとの交戦時、刹那はツインドライヴの力を解放させ、加速する粒子が戦闘宙域一帯に広がった。プトレマイオスに接近するルイス機が迎撃されようとする瞬間、それを察知した刹那と沙慈の叫びが宇宙に響く。GN粒子が広がる中、沙慈とルイスは、あったかもしれないもう一つの未来のイメージを共有。約束を果たし宇宙で待っていたと想いを伝える沙慈に、昔の自分とは違うと銃口を向けるルイスだったが…。
■#20「アニュー・リターン」
 プトレマイオスに軟禁されるも、余裕の笑みを浮かべるリヴァイヴ。そのとき、フェルトから、アニューがラッセを撃ち、ミレイナを連れ去ったという通信が入る。リヴァイヴの脳量子波により、アニューがイノベイターの意識を取り戻したのだ。ダブルオーを奪取しようとするアニューの前に、脳量子波を感知したピーリスが立ちふさがる。刹那と共に駆けつけたライルは説得を試み、隙をついてミレイナを助け出すが、アニューは艦を脱出し…。
■#21「革新の扉」
 トレミーのシステム復旧後、留美から連絡があったことが判明。そこには宙域のポイントだけが記されていた不審に思う一同だが、何かを感じ取った刹那は、そこに向かうことを提案する。留美と紅龍は、リジェネから教えられたヴェーダの所在をソレスタルビーイングに伝えるべく、合流ポイントに指定した建造途中のコロニー・エクリプスへと辿り着いていた。ネーナの追跡を逃れ、刹那との邂逅を果たした留美は、ヴェーダの所在地を記した紙片を刹那に託すが…。
■#22「未来のために」
 刹那とグラハムの対決は刹那の勝利で終わった。決着を付けるため自分に止めを刺すように叫ぶグラハム。しかし刹那はその剣を収め、生きるための戦いという自分の考えを言葉に示し、去って行く。留美の情報から、ヴェーダの位置を特定したプトレマイオスクルーは、新装備を携え合流したリンダたちの乗る補給艦と共に、ラグランジュ2へと艦首を向ける。しかしそこにはすでに、連邦軍も統合したアロウズの大艦隊が、ソレスタルビーイング殲滅のため集結していた。

詳しくは、こちら
posted by のぐのぐ | Comment(0) | TrackBack(0) | ガンダム
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。